少女まんが館前

奥多摩の入り口、西多摩は秋川渓谷最東部にある少女まんがの私設専門図書館「少女まんが館」のブログです。TBとコメントはスタッフ承認制にさせて頂いてます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 高橋真琴の夢とロマン展 | main | ガラスの仮面 >>

高橋真琴展に行ってきました

 会期も終わりに迫ったある日、行って参りました。年代順に並ぶ原画、そして、貸本(貸本のピークは1948年〜1950年なんだそうです。へぇと思いました)やキャラクターグッズ、下絵など、充実の展覧会でした。

入り口そばのごあいさつパネルには
「日本のカワイイ文化、少女期文化のバイブルとして多大な影響を与え続けています」と、高橋真琴さんについての現在の評価が書いてありました。

確かに、高橋真琴さんは創生期の少女漫画に大きな影響を与え、今や世界的に注目されている「ロリータファッション」などにも、影響を与えていると思われます。ほんとうに、偉大な方だと思います。

で、「いつから少女漫画の女の子の瞳に星が輝き始めたのか?」というのが、個人的な興味なんですけど、今回の高橋作品の展示物では、1959年4月号「小学四年生」(講談社)に連載されていた「あこがれのつばさ」には、瞳に星は輝いていないのだけれど、同年10月号には、しっかり、瞳に星が輝いていました。けれども、同年11月号の2色刷ページには星はないのです。1961年や1962年の作品は、星があったりなかったりしていて、60年代終わりになると、もう、りっぱな輝く星が燦然と瞳の中に存在しています。

当時の少女漫画や貸本をすべてあたればわかってくるのでしょうが、少女漫画の瞳の星は、高橋作品では50年代おわりごろ出現し、60年代おわりに確立されているということは言えそうです。

にしても、やっぱり、原画の威力はすごかった。

あ、それで、会場を出て、さあ、この展覧会のカタログを買おうかなぁと思ったら、「え、売り切れなんですか。カタログが欲しくて、遠くから来たんですよ。もう、ないんですか?」と、きれいな若めの女性が少し怒ってスタッフと話していました。で、そばにはカタログを小脇に抱えた中年男性一人。どうも、この日の最初の頃にはあったカタログが、直前に売り切れてしまったようで、私もとても欲しかったのに……。残念。

その時点では、ほかの場所での巡回展の予定もないため、カタログの増刷の予定もなしとのこと。うーむ、ほんとに残念。


イベント | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode