少女まんが館前

奥多摩の入り口、西多摩は秋川渓谷最東部にある少女まんがの私設専門図書館「少女まんが館」のブログです。TBとコメントはスタッフ承認制にさせて頂いてます。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 小説「トーマの心臓」 | main | 高橋真琴の夢とロマン展 >>

デビュー40周年記念「萩尾望都原画展」

昨年暮れに西武池袋本店・西武ギャラリーで行われていたこのイベント。 来館&寄贈して頂いた方からメールをもらって(どうもありがとうございます!)、初めて知り、見てきました。 よい展示会でした。 やっぱり、「トーマの心臓」「ポーの一族」の原画には、目が釘付けに。 私の心象風景の原点は、これだわ……と。 思春期のわけわからぬ頃の、 苦くて甘酸っぱい想いの数々の時代の友。 たぶん、萩尾先生の紡ぎ出したひとこまひとこまが、 私の心の基底となっている。 そして、たぶん、それは一生消えることなく続くのだろう。 原画のパワーか、思春期当時の心の中の、 あれやこれやが鮮明にどどーっと思い出されてきてしまいました。 目に涙……。 会場には、平日午前中という時間にかかわらず、 かなりの人々(年配の女性を中心に男性もちらほら)が、 それはそれは熱心に原画をひとつひとつ静かに鑑賞しておられました。 萩尾先生が40年の長きわたって、常に第一線で活躍してこられたこと、 多くのすばらしい作品を生み出して、たぶん、多くの人々の魂を救い、 豊饒な心の種を蒔いてくれたことを、感謝致します。 あれっ、なぜか神様への祈りのスタイルになってしまいました。
イベント | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode