少女まんが館前

奥多摩の入り口、西多摩は秋川渓谷最東部にある少女まんがの私設専門図書館「少女まんが館」のブログです。TBとコメントはスタッフ承認制にさせて頂いてます。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 吉祥寺とまんが家さん | main | 少女まんが館とは? >>

美肌一族

最近、中央線車内の窓にはりつけられた広告シートを見て、びっくり! お蝶夫人(エースをねらえ!/山本鈴美香)かマリーアントワネット妃(ベルサイユのばら/池田理代子)か??というお方がショッキングピンクの小さな袋のまんなかにでんと輝いていました。でん、じゃないですわね、ぴかぴかに輝かれておりました。「美肌一族」というコスメ商品です。

その後、都心部のあるドラッグストアのカウンターにも置いてあるのを見て、これまたびっくり。コスメという上品さをねらうあまたの商品群の中で、そのあまりな派手けばけばしい存在感。

そして、超久しぶりに行った美容室で手に取った女性週刊誌に、どうどうの連載まんが記事もありました。

いわゆる少女まんが画風とそのエッセンスでラッピングされ、マーケティングされたコスメ商品のよう。“美人”美容コーディネーター 芝本裕子さんプロデュースのものだそうで。昨年あたりから通販で人気が出ているとか。

コスメな実力はわかりませんが、コスメな世界にこのデザインは新風でございます。お値段も数百円とお手頃なので、つい買ってみたくなってしまいました。(大井)
散歩中に | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

私は保育園から小学生、中学3年生の頃まで少女マンガをずうっと見ていた『なかよし』・『りぼん』・『ちゃお』を読んでいるのがとっても面白かったり、嬉しかったです。
私が『ちゃお』・『りぼん』・『なかよし』を何故かあの娘に購読していました。
私が『嫌、嘘じゃないです。』と『本当です。』とあたしが言わせてしまいました。
いのうえ&#8197;さとみ | 2008/11/22 12:53 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode