少女まんが館前

奥多摩の入り口、西多摩は秋川渓谷最東部にある少女まんがの私設専門図書館「少女まんが館」のブログです。TBとコメントはスタッフ承認制にさせて頂いてます。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

少女まんが館とは?

1997年3月、少女まんがすべての永久保存を目指し、 東京都西多摩郡日の出町大久野(おおぐの)の地に産声を上げた、少女まんがの専門図書館(の赤ちゃん)です。 通称は“女ま館(じょまかん)”といいます。

古いけれども広〜い一軒家を借り受け、ともかく、日々打ち捨てられていく数多くの少女まんがのため、救済活動を始めました。

2002年8月から、一般公開を始めました。週一回、毎木曜日午後1時から6時まで、扉をあけています。

蔵書は寄贈という形で集めさせて頂いております。 古くは昭和20年代の少女クラブの付録、充実しているのは70年代後半から80年代前半の単行本や雑誌(ララ、花とゆめ、プチフラワー、リリカ、デュオ、グレープフルーツ)などでしょうか。近年は、1990年代の別冊マーガレットやなかよしなどもそろってきております。1970年代のりぼん、西谷祥子さん作品も多くございます。

2007年元旦現在、寄贈書は約3万冊ほどになりました。設立当時の有志たち、寄贈される方、来館される方、マスコミ関係の方、もちろん家族たちなどなどに支えられ、今日に至っています。関係者の方々に心から感謝しつつ、日々を送っています。(大井)

詳しくは →こちら「少女まんが館」ウェブサイトへ
少女まんが館とは? | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS